代表あいさつ・経歴

市川果樹園は、中野市のシンボル「高社山」のふもとにあり、
遠く長野市まで見渡せる日当たりの良い斜面には、
りんごやぶどうなどの木々が広がっています。

私たちは美味しくて安全な果物をつくるために
まずは健全な土づくりが最も重要であると考え、
40年以上にわたり化学肥料や除草剤などを一切使用せず
土づくりにこだわり続けてきました。

その結果、高い糖度、味をひきしめる酸味、
果物がもつ香りとうま味を引き出すことができました。

今後もより美味しくて安全な果樹栽培を心がけ、
皆様に”感動”と”ワクワク”をお届けできるよう精進してまいります。

【市川大輔 プロフィール】
[hana-flv-player video=”http://ikajuen.com/wp-content/themes/ikajuen-eyes/mov_huji201211.flv”
width=”272″
height=”480″
description=”サンふじ収穫の動画”
player=”5″
autoload=”true” autoplay=”false”
loop=”false” autorewind=”true”
/]

1994年3月 長野県立中野西高等学校卒業
1998年3月 東京農業大学農学部農学科卒業
1999年3月 長野県果樹試験場
1999年4~6月 ニュージーランド果樹農家研修
1999年7月 市川果樹園就農
所属:長野県農業青年クラブPALネットながの、下高井農業青年クラブぽぷり、(公社)中野青年会議所

好きなこと:前向きな人と遊ぶ。音楽を聴く。トランペットを演奏する。新しいことに挑戦する。ニュージーランド。バックパッカー。健康に良いことをする。妻とデートする。子供とランニングする。とにかく一生懸命物事を最後までやる。手抜きをしない。いろいろな人と出会う。旅行。美味しいラーメン屋探し。美味しいスイーツ探し。フェイスブック。畑で仕事をする。複雑で大変でも楽しいこと。読書。とにかく楽しいことが好き。
苦手なこと:整理整頓。お世辞。ただやればいいだけのお仕事。簡単でもつまらないこと。梅干し。セロリ。らっきょう。寂しいこと。一人旅。無理をすること。健康に悪いこと。タバコの臭い。お酒。大食い。早食い。早とちりな人。パソコン。絵を描くこと。子守り。

【市川由紀子 プロフィール】

神奈川出身。
東京農業大学農学部林学科(地域環境科学部森林総合科学科)卒業後、東京都内の建設コンサルタント勤務。
2002年大輔と結婚、信州中野・市川果樹園へ。
父は道産子、母はうちなーんちゅ(沖縄人)。
北海道の父の実家は、上富良野のラベンダー畑、美瑛の丘に続く広大な畑が目の前に広がり、沖縄の母の実家は首里の城下町、青い海も身近にありました。生まれも育ちも神奈川県は小田急沿線の私ですが、幼い頃から毎年訪れていた祖父母宅からの景色は、私にとってあたりまえの風景でした。
 小学校よりガールスカウト活動を続け、アウトドアな活動が好きになる。中学時代の職業適性検査では「土木関係」と診断され、乙女心にショックを受ける。でも、今思い返すとなかなかいい線いっているものですね。環境教育に興味をもち東京農大へ入学。(大学時代は学業をさておき応援団吹奏楽部の活動にどっぷり浸かり。。大根踊りの後ろでトランペットを吹いていました。)
 卒業後は、大学で取得した測量士補の資格を生かすべく入社するも、配属先では鉛筆やパソコン(CAD)で図面を作成する日々。外での農作業の清々しさに憧れを抱いて、信州中野へ嫁にきました。ところが…子育てしながら出来る仕事を…と気が付いたら、今も毎日、パソコンの前が私の指定席になっています。
 いつまでも新鮮な目線で、果樹園の今を皆さまにお伝えしていきたいと思います。
好きなもの:4才の頃から習ったエレクトーン。高校~大学時代、吹奏楽部でトランペット吹き。手芸いろいろ広く浅く(子供に手作りの服を作って着せたい!けれどなかなか手がつけられません…)。資格:普通自動車免許・フォークリフト運転者・測量士補、など。